Sports

矢野 良子 / Ryoko Yano   |現在:3×3 バスケットボール選手

「自分の夢のために人生を懸けて挑戦する」3×3バスケ日本代表 矢野良子

「寝る間を惜しんでも目標に向けて突き進みたい。
後悔して終わりたくないんです。」

すべてのアスリートの夢の舞台オリンピック。
そのオリンピックでバスケットボール選手の矢野良子さんは
天国と地獄を体験しました。

憧れのオリンピックに日本代表として出場できる喜びと
自分のシュートがはずれて予選敗退した悪夢……。

「このまま引退はできない。」

彼女はもう一度夢の舞台に立つために
自ら3人制バスケットボールの女子リーグを立ち上げ、日々挑戦しています。

Profile

 

矢野良子(やの りょうこ)1978年12月生まれ

バスケットボール選手。ジャパンエナジー(現JX-ENEOS)、富士通レッドウェーブ、トヨタ自動車アンテローブスと3つのチームで優勝に貢献。WリーグプレーオフMVPを2度受賞し、日本代表として2004年アテネ五輪に出場。2017年に3人制バスケへの転向を表明し、女子国内リーグ「3W(トリプルダブル)」を立ち上げる。

  母の勧めで始めたバスケットボール。勝つ喜びで続けられた。

―― 小学生のときからバスケットボールを始めたそうですが、始めたきっかけは?

私には2人の姉がいて、どちらもバスケットボールをやっていました。小5のとき母に背中を押されて私も始めました。当時、私はバレーボールがやりたかったのですが、姉たちと同じ競技の方が母親にとっては都合が良かったのです。

なぜなら、姉のお下がりの練習着ですむので節約になる(笑)。母に言われたからバスケットボールを始めたようなもので、私のバスケットボール人生は、レールに乗って進んで行きました。

―― 自分の意志ではなく、決められた道を歩んできたということですか?

そうですね。一番最初の岐路は進路を決めるとき。正直、大学へ行きたい気持ちがないわけではなかったのですが「就職してほしい」と母に言われ、高校卒業後、ジャパンエナジー(現JX-ENEOS)に入社したんです。でも当時の私にはバスケットボール選手として目指す世界はなく、大人に決められてここまで来たという気持ちが強かったですね。

―― そのような経緯があったのに、ここまで続けて来られた強い気持ちはいつ芽生えたのでしょうか?

練習は本当に厳しくて。毎日辞めたいと思っていたのですが、試合に出て勝ったりチームが優勝したり、日本代表合宿に選ばれたりするとうれしくて「もうちょっと頑張ってみようかな」という前向きな気持ちに変わっていきました。

やはり試合は勝負なので、負ければ悔しいし、代表合宿に呼ばれたのに代表に選ばれないのも悔しい。そういう経験が「次こそ!」という強い気持ちを生みました。

  アテネオリンピックの雪辱を晴らすためにスリーバイスリーの世界へ

―― その気持ちがアテネオリンピック出場という栄誉に繋がったのですね。そこからスリーバイスリー(3人制バスケ)への転向を決断されたのは?

アテネオリンピックは最高の舞台だったけれど、私にとっては最低でもあったのです。私のシュートがはずれて予選敗退したので、満足のいく結果とは程遠かった。だから「絶対にもう1回オリンピックに出たい!」と頑張ってやってきたのですが、代表選手が若手中心になり、私は代表に呼ばれなくなって。「もう引き際かな」と思いました。

でも、どうしても「引退」の決断ができない。やはりこのまま終わりたくない気持ちが強かったです。そんなときにスリーバイスリーが動き出し、オリンピック競技になるかもしれないと聞いて「私はスリーバイスリーでオリンピックに出場して引退したい」と決めました。

―― スリーバイスリーへの転向は悩まず決められたんですか?

いえ、かなり悩みましたね。5人制でずっとやってきたので未練はありました。でも、決断して3x3に転向を決断しました。でも悩みは多くて……。

たとえば、女子は試合数が少ないです。男子はトップリーグ「3×3.PREMERE EXE(スリーバイスリープレミアドットエグゼ)」とかがありますが、女子には当時無かったので、とにかく試合数と選手を増やさないといけない。そうでないとオリンピックに出場できないと思いました。

―― 選手でありながら、自らリーグを立ち上げたのはそういう経緯なのですね。

誰かが動くのを待っていたら2020年に間に合わないと思いました。だから自分で動きました。引退した元Wリーグの選手たちに声をかけて選手登録してもらったり、スポンサー探しに奔走したり。

いろんな方に相談をして、人を紹介していただいた中にスポンサーになってくださる方もいたので「3W(トリプルダブル)」というスリーバイスリーの女子リーグを立ち上げることができました。

  選手をしながら裏方仕事も兼業!女子選手を集めるための秘策とは

―― 選手をやりながら営業活動をするなんてすごいバイタリティですね。スポンサーを探すのは大変だと思うのですがいかがでしょう。

とても大変です(笑)。みなさん話は聞いてくださるのですが、断られることも多くて。1試合200~300万円は必要ですからね。でも何が何でも試合を開催しないとオリンピック出場条件のポイントが稼げないので必死です

スリーバイスリーの良いところは、まだ決まり事が少なく、誰でも試合を開催できて、それがポイントに繋がるところ。だから私はリーグを立ち上げて試合を開催することができました。

1 2
小冊子ダウンロード

タグ:

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。

元プロアスリ体育会の方でビジネスでも活躍している方達をご紹介