X League

石毛聡士 / Satoshi Ishige   現役アメフト選手|現在:LIXIL DEERS

LIXIL DEERS 石毛 聡士選手(WR)

敵のディフェンシブバックとの激しい攻防を見せるワイドレシーバー。
LIXIL DEERS の石毛聡士選手の主戦場です。
確実な捕球能力だけでなく、スピードも求められるポジションで奮闘しています。

ビジネスマンとしては、営業案件をキャッチして受注につなげる石毛選手。
今回はその素顔に迫ります。

Profile

 

石毛聡士(いしげ さとし)

LIXIL DEERS ワイドレシーバー

  アメフトワールドカップの観戦が強烈な原体験に

―― 石毛選手がアメフトを始めたきっかけは?

地元・川崎で開催されたアメフトのワールドカップがきっかけです。現地で生の試合を観戦してその迫力に圧倒されたのを覚えています。「アメフトをプレイしたい!」と考えるようになったのはこれが大きかったです。

―― 実際、いつ頃から始めたのですか?

アメフトは高校からですが、中学の時にフラッグフットボールのクラブチームに所属してプレイしました。同級生のお父さんが監督で、縁もあって水曜と土曜の週2回参加しました。当時は中学の野球部にも所属していましたが、フラッグフットボールの方が面白くてアメフトがある高校へ進学しようと決めました。

―― 高校からはスカウトなどあったのですか?

いえ、自分で調べて「練習に参加させてください!」と売り込みました。アメフト部のホームページに記載されているメールアドレスに連絡したのを覚えています。その後練習に参加させていただいて、受験も合格して無事に入学することができました。

―― その後はアメフトに没頭されて。

そうですね。ついにアメフトができると思って夢中になってプレイしました。公立だと人数も限られているので、オフェンスもディフェンスも両方経験することができました。これも貴重な経験でしたね。

―― 石毛選手がアメフトを面白いと思った理由は?

自由にプレイできるところですかね。フラッグフットボールの時は自分たちで作戦を考えたりしてチーム全体で戦っている感じがして面白かったです。アメフトを始めてからはフラッグフットボールにはないタックルなどのぶつかり合いが魅力でした。ワールドカップの印象がずっと残っていたので、自分が同じようにプレイできることが嬉しかったです。

  チーム全員がアメフトと仕事を両立するLIXIL DEERS

―― 所属チームの特徴について教えてください。

株式会社LIXILのクラブチームとして戦っています。練習は仕事が終わってからの平日2時間と週末です。練習時間は限られていますが、その中で最大限の効果が生まれるよう取り組んでいます。

あと、チーム全員が同じスタンスでアメフトに関わっているのも特徴ですね。外国人選手もスカウトではなく「LIXILでプレイしたい」と希望した選手ですし、全員がアメフトと練習を両立しています。

1 2
小冊子ダウンロード

タグ:,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

X LEAGUE 特集